« 石川旅行 | トップページ | ワックス事件 »

2017年6月18日 (日)

子連れ旅 in 石川県①

先週末の土日に石川県に旅行に行ってきました。

子どもを連れて泊まりがけで遠出するのは初めてで出発前は楽しみ半分、不安半分だったのですが、帰ってきてみると、当初心配していたようなトラブルもなく、ただただ楽しい旅行だったなぁ、と思い出に浸っています。

Img_1553
途中のSAにて。福と海☆

では、今回の旅行の行程について詳しく書いていきたいと思います。

今回の旅行の1番の目的は白山比咩神社への参拝です。かねてから夫婦で白山比咩神社の菊理姫(くくりひめ)さんにお参りに行きたいね〜と話していて、なかなか実行に移せていなかったのですが、今回いろいろとタイミングが噛み合って行くことができました。

菊理姫は日本神話において黄泉の国で口論をしていた伊邪那岐と伊邪那美の2人の仲を取り持ったとして縁結びの神様とされています。"くくり"は"括り"の意であらゆる縁を結ぶ神様ということです。

このブログのニックネームの"くくりの家"もこの菊理姫からとりました。
人と自然、人と人などいろいろなものの縁を結ぶ、括るきっかけを与えられるような家、家族になりたいという想いが込められています。

なので、私たちにとって白山比咩神社は特別な存在として勝手に崇敬していたのです。


それに加えて、石川に住んでいる宝の大学時代の友人と一緒に参拝することが出来そうだったのも今回の旅行が実現した大きな要因の1つです。

これは神社参拝について書いてあった本からの受け売りですが、各地の神社にお参りに行くとき、その土地の人と一緒に参拝するとその人が神様との縁を結んでくれてより強く御利益を受けることが出来るそうです。

なのでせっかく参拝するならと、そういう機会を待っていたら今回それが叶ったというわけです。


ダラダラと前置きが長くなりました。そうゆーわけで朝7時過ぎに家を出て10時前に白山比咩神社に着いて、そこで友人と合流して参拝させて頂きました。

Img_1567


Img_1568

まず感動したのがこの参道。こんなにも美しい参道は今まで見たことが無かったです。
この参道を通るだけで身が清められ、神様の気が入ってくる感じがしました。

そして、せっかくの機会なので本殿でご祈祷をしてもらいました。

日本三名山の白山の神様らしい壮大で厳格な気を感じる神社でした。

参拝の後は直会!!ということで神社近くで人気のお蕎麦屋さんに食べに行くつもりだったのですが、大行列。。。
福もいるしそんなに待っていられないので、近くの獅子吼高原にある"もく遊りん"というお店でピザとパスタを食べました。笑

Img_1596

このお昼時に大雨に当たりまして、ちょうど木製家具や木工製品のお店が併設されていたのでそこで時間を潰していました。
木で作ったおもちゃで遊べる空間もあって、そこで福が機嫌良く小一時間ほど遊んでくれたので私たちも交代でゆっくり店内を見れました。
一枚板のダイニングテーブルなども置いてあって、新居の台所のイメージ作りに一役買ってくれました。
あと値段の参考にも。やっぱり一枚板は高い!!笑

しばらく時間を潰していたのですが一向に雨が弱まらないので、土砂降りの中、次の目的地に向かいました。

Img_1551

それがここ、菊姫酒造。
ここでお互いの両親へのお土産と宿で飲むお酒を調達しました。

そして宝の友人とはここでお別れして、私たちは宿へと向かいました。

今回泊まったのは鳳珠郡は能登町にある農家民宿。
1日1組限定なので子連れでも他のお客さんを気にせずゆっくりできるかなと選びました。

県内なので白山市から1時間くらいかなと、ちゃんと調べもせずに勝手に考えていたら、宿主さんから2時間くらいですねー、と言われてビックリ!?
県内だと侮ってました。石川県って結構広いんだなと少し反省しつつ、車を走らせました。


だいぶ長くなってきたので、お宿でのことや2日目のことはまた新たに記事を書きたいと思います。

〜つづく〜

« 石川旅行 | トップページ | ワックス事件 »

子連れ旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2435203/70880610

この記事へのトラックバック一覧です: 子連れ旅 in 石川県①:

« 石川旅行 | トップページ | ワックス事件 »